結婚式で必ず歌われる曲

ご結婚祝い金封(祝儀袋)メール便OK

1988年(アルバムでのリリースは1980年)に販売された長淵剛の「乾杯」は、本人が地元の友人への結婚の祝福に書かれたもので、結婚披露宴で長く定番の歌となっています。
1972年にリリースされた、チェリッシュの「てんとう虫のサンバ」は、男女のデュオで二人が結婚したところからも、結婚披露宴の余興に歌われる歌として、常にランキングに入っています。
人気アイドルグループ「SMAP」が2000年にリリースした「らいおんハート」は、男女の恋愛の形をライオンに模して、男性が命がけで女性を守るという内容の歌詞で、ラブソングの定番でもあり、披露宴などで歌われる事の多い歌として有名です。
「ミスターチルドレン」が1992年にリリースした「抱きしめたい」は、バンドのボーカルである「桜井和寿」が作詞作曲をし、先輩で友人である「ジュンスカイウォーカーズ」の「宮田和弥」の結婚式のために作られた曲で、男性から女性への溢れんばかりの愛情を歌った結婚式の定番ソングですね。
また、「CAN YOU CELEBRATE?(キャン・ユー・セレブレイト)」は、安室奈美恵が1997年にリリースされた最大のヒット曲であり、本人がその後結婚した事でさらに人気化した結婚式の定番曲になりました。

結婚式の歌用CDアルバム

安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」、長淵剛の「乾杯」、チェリッシュの「てんとう虫のサンバ」、「ミスターチルドレン」の「抱きしめたい」、「SMAP」の「らいおんハート」などの定番ソングは、結婚する側が歌って欲しい歌のランキング、結婚を祝う側の歌いたい歌ランキング、両方でランキング上位に常に入る歌となっています。
結婚式用の歌は毎年、「ORICON STYLE(オリコンスタイル)」のウェディング特集などによっても集計され、公表されています。「ORICON STYLE(オリコンスタイル)」などで集計されたランキングデータを元に、結婚式の歌用のCDアルバムなども販売されています。
ランキングに入る歌はアーティストにも偏りがあり、男性では「福山雅治」「ミスターチルドレン」「平井堅」「コブクロ」などで、女性では「DREAMS COME TRUE」「安室奈美恵」「浜崎あゆみ」などが人気になっています。

誰からも喜ばれる定番曲

年齢層に関係なく喜ばれる定番曲としては、「てんとう虫のサンバ」「花嫁」「恋はみずいろ」「亜麻色の髪の乙女」「愛のメモリー」「星に祈りを」「シンデレラ・ハネムーン」「あの素晴らしい愛をもう一度」「世界は二人のために」などがランクインしています。

スポンサードリンク

結婚式で泣かせる歌

新郎新婦も含め披露宴会場を泣かせる歌もあります。TUBEの「君となら」ですが、声量のある男性に歌われたら、皆さん絶対に泣きます。
歌詞をほんのすこし
「仲間も来てくれた 恋の卒業式
笑顔でどんなときも 見守ってくれたね
片寄せて まぶしくとも なくさない この恋だけは
互いにわけあって あるいてゆけると誓う 君となら・・・」